@niftyのポケットWiFiを解約するときの注意点

ポケットWiFiにもいろいろな種類、プロバイダがありますが、今回は@niftyのポケットWiFiの解約についてお伝えしていきます。

 

@niftyは元々固定回線のプロバイダとして、インターネット黎明期から日本の通信事業を支えてきた大手企業です。大手ならではの安心感、そしてサポート体制は他のポケットWiFiにはない魅力だと思います。
口座振替が使えるという利点もあるのでポケットWiFiを選ぶときの選択肢としてオススメできるプロバイダです。

 

 ポケットWiFiは解約がややこしい

 

これは@niftyに限らずなのですが、ポケットWiFiの解約は若干ややこしいです。プロバイダによって方法やルールが大きく違ったりするのです。

 

@niftyの解約をする際にまず覚えておいてほしいのは、契約更新月に解約しなければ違約金が発生するという点です。違約金は払いたくない!という場合はうっかり忘れてしまわないようにカレンダーなどにメモしておくとより確実ですね。
あとチェックしておきたいのは、契約期間が利用開始からではなく、利用登録月の翌月〜24か月目の月末ということです。要するに25ヵ月目ということですね。

 

 申し込みの猶予は1ヵ月間

 

違約金なしで解約したい場合は、25ヵ月目の1ヵ月の間に解約手続きをすることです。
おそらくこう言われてもいったいいつのことなのかピンとこないと思います。もしわからない場合は、@niftyの専用ページ、要するにマイページで確認できます。
どうしても自分ではよくわからない場合は、サポートセンターに電話で問い合わせるというのも一つの手です。@niftyはサポート体制もしっかりしているので親切に教えてくれますよ。

 

 その他の注意点

 

@niftyのポケットWiFiを解約するときに注意することは他にもあります。
固定回線も@niftyで申し込んでいる場合は「解除」を、ポケットWiFiのみの場合は「解約」を選びましょう。
さすがに間違える人はいないと思いますが、解約を選択すると@niftyに関する全てのサービスを停止することになります。@niftyで他のサービスを利用している場合はポケットWiFiのみ「解除」するようにしましょう。
次に注意する点としては日割り計算してくれないという点です。ですので更新月のいつ解約してもその月の料金は変わらないのですが、@niftyのポケットWiFiは解約した月もそのまま利用することができます。
ですので逆に考えると、更新月になったら解約したい場合はすぐに申し込んだ方がいいわけです。その方が安心できますね。

 

@niftyのポケットWiFiは、他のポケットWiFiに比べるとサポートの対応がしっかりしているのでそんなに迷うこともないと思います。注意点を理解したうえで、最後までトラブルなくポケットWiFiを使いましょう。

 

Broad WiMAX

3WiMAX

GMO WiMAX2+

 

 

Broad WiMAXは、ポケットWiFiの中でも業界月額最安値です。


WEB特典はこちら

 

 

3WiMAXは、お得なコースを選ぶことができるポケットWiFiです。


WEB特典はこちら

 

 

GMO WiMAX2+は、20日以内キャンセルOKです。


WEB特典はこちら