通信量制限のゆるいプロバイダー

通信量制限のゆるいプロバイダーを徹底比較

 通信量制限がゆるいとはどういうことなのか

 

通信量制限とは、いわゆる回線を絞られてしまうことで、ポケットWiFiはある一定以上の通信をすると、しばらくの間ネットの速度が意図的に抑えられてしまいます。
その制限は月単位での制限と、3日間単位での制限があります。現在は、WiMAX系のポケットWiFiであれば「ギガ放題プランで3日間10GB」という内容になっています。料金の少し安いライトプランだと「月間で7GB」という制限になっています。

 

さて、ここでプロバイダによる通信量制限の違いについて比較していきたいと思います。
結論から言うと、「WiMAX系ならどこのプロバイダも制限の基準が同じ」です。
ネット上の噂などで、ここのプロバイダは制限がゆるい、というそのレベルの差はあるようですが、公式の情報による差はありません。
ですので、通信量制限による比較をするのであれば、プロバイダごとの比較はあまり意味をなしません。

 

ちなみにWiMAX系のプロバイダで言うと、「GMOとくとくBB」「BIGLOBE」「So-net」「Broad(ブロード )WiMAX」「UQ (ユーキュー)WiMAX」「3WiMAX」などがありますが、どれも通信量の制限は同じです。プランによって差があるだけとなります。

 

 ポケットWiFiの種類による制限の差

 

ポケットWiFiの通信量制限は、年月をかけてどんどん改善されてきました。昔はどれも制限が厳しかったのですが、今は各社とも競うようにして制限をゆるくしている傾向があります。

 

ポケットWiFiの種類による制限の差は以下の通りです。

  • WiMAX系

ギガ放題プランは月間の制限無し、3日間10GBの限定的な制限あり。

 

  • ワイモバイル、ソフトバンク系

特定の機種、特定の回線を除き、最大で月間7GBの制限。安い方のプランだと月間1GBのみ使用可能です。それ以降は速度制限が発生します。

 

  • ドコモ系

月間の容量制限あり。ドコモのスマホと同様のプランのため、そのプランの容量がそのままポケットWiFiで利用できる容量になります。

 

上記のように、通信量制限のゆるいポケットWiFiを探しているのであれば、WiMAX系一択になります。WiMAX系であればどのプロバイダでも、ギガ放題プランがあるため、どれでも通信量制限はゆるいと言えるでしょう。
たくさん使いたい人、ネットをフルで楽しみたい人にとって通信量制限は重要な問題のため、契約する前によく確認しておくと失敗がありません。

 

Broad WiMAX

3WiMAX

GMO WiMAX2+

 

 

Broad WiMAXは、ポケットWiFiの中でも業界月額最安値です。


WEB特典はこちら

 

 

3WiMAXは、お得なコースを選ぶことができるポケットWiFiです。


WEB特典はこちら

 

 

GMO WiMAX2+は、20日以内キャンセルOKです。


WEB特典はこちら