【2020年6月版】おトクでオススメなポケットWiFiベスト6選!

 テレワーク利用でもオススメ!月額最安級!

Broad WiMAX

 

Broad WiMAXはポケットWiFiの中でも月額料金が最安級に安いWiMAXとして知られています。

  1. 月額が安い
  2. 口座振替の支払いに対応
  3. 最短即日発送
  4. 店舗受取なら即日利用可能
  5. 8日間キャンセル無料
  6. 他社から乗り換えの場合は、かかる違約金を負担
月額が安い上に痒い所に手が届くサービスを行っており、オススメ度No.1です。
またコロナウイルスの影響で各社端末の新品在庫が枯渇している中、レンタルサービスも行っています。 新品端末が届くまではレンタルサービスを利用することができるのですぐ利用したい方にもオススメです!

人気度

月額 特典 発送の早さ
2,726円 19,000円
キャッシュバック
最短当日受取可

 

Broad WiMAX公式サイトはこちら

 

Broad WiMAXの口コミ
満足度5
「他社と比較すると圧倒的に月額が安かったので決めました。新型コロナウイルスの影響でテレワークになったのですが、早く届いたので助かりました。」
20代 東京都 男性
満足度5
「やはり毎月安いほうが助かるのでこちらに決めました。コロナの影響で家に居ることが多くなったので動画視聴などに利用しています。」
20代 愛知県 男性

 

Broad WiMAX公式サイトはこちら

 

 

 

 

テレワーク利用でもオススメ!驚異の高額キャッシュバック!

GMOとくとくBBWiMAX2+

 

GMOとくとくBBWiMAX2+は、高額キャッシュバックで有名なプロバイダです。
GMOは毎月常にWiMAX業界最高額のキャッシュバックキャンペーンを実施しており、安定の人気があります。
キャッシュバック自体は1年ほど先にされるので、受取忘れに注意です。
また、20日以内であればキャンセルOKというサービスもおこなっていますので、初めての方でも安心できるようなポケットWiFiとなっています。
人気度

月額 特典 発送の早さ
3,609円 27,200円
キャッシュバック
最短即日発送

 

GMOとくとくBB WiMAX2+公式サイトはこちら

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の口コミ
満足度4
「初期費用ゼロでキャッシュバックももらえて嬉しい限りです。家でも外でも利用していますが、速度が出るので快適にスマホライフを楽しめます。ですが、たまに繋がりにくいことがあるので星4つにしておきます。」
30代 愛知県 男性
満足度3
「キャッシュバックが一番高いと聞いてとくとくBBにしました。キャッシュバックを受け取ることができるのが1年後なので忘れてしまいそうです。」
20代 東京都 男性

 

GMOとくとくBB WiMAX2+公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

BIGLOBE WiMAX 2+

 

BIGLOBE WiMAX 2+
BIGLOBE WiMAX 2+はNEC系列のプロバイダ「BIGLOBE」が展開しているWiMAXです。
他のWiMAXよりも月額が多少上がりますが、契約期間の縛りが1年しか無いのが特徴です。(他プロバイダは3年間)
もし1年以内の解約であっても違約金1,000円と安く(他プロバイダは20,000円程度)、短期間での使用を考えている方にオススメです。
キャッシュバックの15,000円は開通翌月にすぐ貰えるのもメリットの1つです。
人気度

月額 特典 発送の早さ
3,980円 15,000円
キャッシュバック
最短即日発送

 

BIGLOBE WiMAX 2+公式サイトはこちら

 

BIGLOBE WiMAX 2+の口コミ
満足度3
「サポートの対応も良く、そこそこの金額でポケットWiFiが使えているので満足と言えば満足です。欲を言えばもう少し安くなってほしいです。あとは電波が悪く繋がりにくいことが多いのでもっとエリアが広がってほしいです。」
20代 栃木県 男性
満足度4
「キャッシュバックの手続きがいらないのは最高だと思います。安心してキャッシュバックの日付を待つことができます。ちなみに、もう10ヵ月ほど使っていますが特に不具合等は起きていません。」
40代 奈良県 男性

 

BIGLOBE WiMAX 2+公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

So-net モバイル WiMAX 2+

 

So-net モバイル WiMAX 2+
So-netモバイル WiMAX 2+は、キャンペーンや月額が頻繁に変わるイメージのプロバイダです。
現在は最初の1年間は月額3,380円、2年目以降は4,379円になり、キャッシュバックは無しです。
今申し込むならあまりおトクとは言えないプロバイダかもしれません。

支払い方法はクレジットカード、口座振替両方に対応しています。
現在はクレジットカードのみとなりました。
人気度

月額 特典 発送の早さ
3,380円 月額1,499円割引 3日〜

 

So-net モバイル WiMAX 2+公式サイトはこちら

 

So-net モバイル WiMAX 2+の口コミ
満足度3
「キャッシュバックなしでシンプルなプランを探していました。So-netは固定回線で有名な会社だけあって、サポートもしっかりしていて安心できました。一つ古い端末しか選べなかったのは残念でした。」
30代 埼玉県 男性
満足度3
「自宅の光回線がソネットだったため、ポケットWiFiもソネットで契約しました。サポートの対応がいいので安心して利用できます。月額費用も安く抑えられたので、外で仕事をするときに利用しています。」
30代 大阪府 男性

 

So-net モバイル WiMAX 2+公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

UQWiMAX

 

UQWiMAX
UQWiMAXは、ポケットWiFiの中のWiMAXの本家です。WiMAXはお客様満足度1位となったことで知られています。
時期によっては、商品券キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを実施しているのですが、
現在はキャンペーンが停止中となっております。
月額も他のプロバイダと比較すると高いですが公式というブランド好きな方にはオススメのプロバイダです。
人気度

月額 特典 発送の早さ
3,609円 無し 最短即日発送

 

UQWiMAX公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

DTI WiMAX 2+

 


DTI WiMAX 2+

DTI WiMAX 2+は、フリービッドの子会社が運営しているWiMAXプロバイダです。

キャッシュバックは無く、受取の手続きが大変だったり、auスマートバリューに対応していない等、ネット上の評判が良いとは言えないプロバイダです。


人気度

月額 特典 発送の早さ
3,500円 無し 3日〜

 

DTI WiMAX 2+公式サイトはこちら

 

 

 

 

WiMAXの5つのサービスと申込み前に確認したいポイントを解説!

 

これからはじめてWiMAXを契約するという人も多いと思います。

 

しかしWiMAXの基本的なサービス内容がよくわからない、という方も多いのではないでしょうか?

 

本記事では、WiMAXの5つのサービスについて、初心者の方にわかりやすいよう解説しています。

 

また、現在多くの会社でWiMAXのサービスを提供していますが、その中からどうやって便利でお得なWiMAXを選べばよいか、申込み前に確認してほしいポイントをお伝えしているので参考にしてください。

 

1.WiMAXの5つのサービス内容について解説!

WiMAXはKDDIグループであるUQコミュニケーションズが提供する、持ち運び可能な無線インターネットです。

 

回線元であるUQ WiMAXの他、現在20社以上のプロバイダがあります。

 

この項目では次のWiMAXのサービス内容について解説します。

  • サービスエリア
  • 通信速度
  • 回線種類
  • 速度制限
  • 初期契約解除制度

サービスエリアについて

WiMAXは日本国内で利用できます。

 

ひと昔前は、アメリカや韓国で利用できる、WORLD WIMAXというサービスがUQ WiMAXから提供されていましたが、現在では韓国だけが対象となります。

 

しかし、WORLD WiMAXは後述する、2020年3月に廃止される旧WiMAX回線しか利用できません。

 

さらに、旧WiMAXが利用できる端末の新規申込みについては、2018年9月にすでに終了しています。

 

そのため、WiMAXの利用できるサービスエリアに関しては、現在日本だけと考えてください。

 

WiMAXのサービスエリアについては、UQ WiMAXの「サービスエリアマップ」のページで確認できます。

 

調べたいエリアの住所がすでに分かっている場合は、同ページ内のピンポイントエリア判定を利用することで、ダイレクトに知ることができます。

 

なお、エリアを確認する場合は、現在WiMAXのメイン回線として使用されている、「WiMAX2+」のエリアで利用できるか、申し込み前に調べてください。

 

 

通信速度について

現在発売されている端末、W06の下り最大速度が1.2Gbpsとなっており、光回線並の速度です。

 

通信速度には下りと上りがそれぞれあります。

 

下り速度はホームページや動画の視聴、またはファイルをダウンロードする際に必要となる速度です。

 

一方上り速度は、SNSに写真や動画をアップロードしたり、メールを送信したりする際の速度となります。

 

通常インターネットをおこなう上で重視されるのが下り速度です。

 

そのためWiMAXの場合も、上り速度と比較し、下り速度の方が圧倒的に速くなっています。

 

 

最大速度は実際の速度ではない

最大速度というのは残念ながら実際に利用する際に必ず出る速度ではありません。

 

WiMAXのサービスはベストエフォート型のサービスを採用しています。

 

これは簡単に言うと、最大速度が出るよう最大限努力するが、保証はしないというものです。

 

最大速度はあくまでも理論上の数値であり、実際の速度はよくて100Mbps程度です。

 

ただし、YouTubeの動画を視聴するのに必要な速度が、1Mbps以上ということなので、それを考えると十分な速度と言えます。

 

回線種類について

WiMAXで利用できる回線は次の3種類です。

 

  • 旧WiMAX
  • WiMAX2+
  • au 4G LTE

 

これらは端末の通信モードを切り替えることで、使用する回線を変えることができます。

 

ただし、ハイスピードモードに対応した旧WiMAXについては、2020年3月をもって停波となります。

 

また、現在発売されている機種はすべてハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの2つに対応していますが、旧WiMAX回線を使用することはできません。

 

現在WiMAXのサービスにおいて、メイン回線として使用されているのが「WiMAX2+」です。

 

ハイスピードプラスエリアモードに対応しているau 4G LTEは、月々7GB以上のデータ通信をおこなうと速度制限がかかります。

 

しかし、WiMAX2+と比べて障害物に強いため、地下や地下鉄でも、電波が入りやすいのがメリットです。

 

 

 

速度制限について

月間データ使用量無制限のWiMAXですが、実は3日で10GBを超える通信をおこなった場合に、速度制限が発生します。

 

制限を受ける期間は、3日で10GBを超えた翌日の18時から、翌々日の2時までの8時間です。

 

この期間最大速度は1Mbps程度となります。

 

また、その他にも料金プランのひとつである「通常プラン」と、通信モードのひとつである、「ハイスピードプラスエリアモード」使用時に、ひと月7GBを超える通信をおこなうと、超過した月の末日まで最大速度は128kbpsとなります。

 

速度制限を面倒に感じるかもしれませんが、利用者が快適にネットを利用するためには必要なものです。

 

速度制限を受けないで快適に使うためには、普段ハイスピードモードをメインで利用しましょう。

 

なお、地下などWiMAX2+の電波だけではネットにつながりにくい場合にだけ、au 4G LTEの使用できる、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えて利用するのがオススメです。

 

初期契約解除制度について

すべてのWiMAXにおいて、契約後に電波が入りにくい、サービスが使いにくいなど感じた場合、違約金を支払わず解約できる「初期契約解除制度」が使用できます。

 

これはクーリングオフと似た制度であり、端末到着後「8日以内」に商品一式を返却すれば、契約をキャンセルすることができます。

 

  • WiMAXルーター
  • SIMカード
  • 保証書
  • ケーブル類
  • 端末個装箱

 

上記すべてを返却する必要があります。

 

初期契約解除制度については知らない人も多いので、いざというときのために覚えておきましょう。

 

WiMAXを申し込む前に確認したい5つのポイント!

UQ WiMAXをはじめとした、数あるWiMAXの中から、どういう基準でお得なプロバイダを選べばよいかは悩むところです。

 

そこでこの項目では申込み前に確認してほしいポイントを解説します。

 

次の5つに注目してください。

 

  • 月額料金
  • キャンペーン
  • 支払い方法
  • 発送の早さ
  • auスマートバリューmine

 

なお、通信速度やサービスエリアについては、どのWiMAXプロバイダも、回線元であるUQ WiMAXのインフラを使用しているため、違いはありません。

 

月額料金

全WiMAXの月額料金は当然異なります。

 

長期的にひと月3千円台で利用できるところもあれば、4千円を超えるプロバイダもあります。

 

基本的にキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAXの月額料金は、キャッシュバックのないWiMAXと比較し高めの設定です。

 

 

キャンペーン

WiMAXのメインとなるキャンペーンはキャッシュバックと月額料金割引の2つです。

 

WiMAXの中には、GMO WiMAXのように、3万円を超える高額なキャッシュバックを定期的に実施しているところがあります。

 

高額なキャッシュバックはコストを大きく抑えることができるためお得です。

 

しかし一方で受取方法は簡単ではありません。

 

契約から約1年経った頃に、キャッシュバックの受取手続きが必要となるのですが、時間が経っているため、存在を忘れてしまう人がほとんどです。

 

また、普段利用しているメールアカウントではなく、プロバイダ専用アカウント宛に手続きのお知らせメールが届く場合が多く、そのことも気づきにくい理由のひとつとなっています。

 

一方、Broad WiMAXなどが実施している月額料金割引に関しては、特別な手続きの必要がないため簡単に利用できます。

 

キャッシュバックは魅力的ですが、はじめてWiMAXを申し込む人には、月額料金割引のあるWiMAXをオススメします。

 

支払い方法

ほとんどの場合、WiMAXの支払い方法はクレジットカード払いのみとなります。

 

コンビニ払いに対応しているところはなく、口座振替に対応しているプロバイダは僅かしかありません。

 

あなたがクレジットカードを持っていない場合、目当てのプロバイダがあったとしても、そこが口座振替に対応していなければ申し込むことはできないのです。

 

なお、クレジットカードは、申込み者本人のものでなければ利用できないため注意してください。

 

口座振替に対応している代表的なWiMAXは次の3つのです。

 

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

発送の早さ

WiMAXの端末は即日発送に対応しているところがほとんどです。

 

そのため早ければ申込みの翌日には端末を受け取ることができます。

 

WiMAXルーターは届いた時点ですぐインターネットを使うことができます。

 

ちなみにUQ WiMAXやBroad WiMAXのように、受取店舗のあるWiMAXの場合、申込み当日に端末を受け取ることもできます。

 

一刻も早くインターネットを使いたい人は、端末の受取店舗のあるWiMAXを選んでみてください。

 

auスマートバリューmine

「auスマートバリューmine」とは、au携帯電話とネットサービス(WiMAX)をセットで利用することで、au携帯電話の毎月の料金が最大1,000円割引となる、auユーザーにお得なサービスです。

 

ただし、注意しなければいけないのは、すべてのWiMAXプロバイダで利用できるわけではないということです。

 

WiMAXの回線元であるUQ WiMAXでは利用できますが、例えばカシモWiMAXでは利用できません。

 

申し込む際は、事前にauスマートバリューmineに対応しているかどうかの確認が必要です。

 

まとめ

現在モバイルルーターを扱うWiFiサービスは増えましたが、大容量の高速通信に対応したWiMAXはオススメのサービスです。

 

ただし、プロバイダの数は多いため、どこがお得で便利なWiMAXか、申込み前に見極めることが大切です。

 

本記事で紹介したポイントを押えて、あなたに合ったWiMAXを選びましょう。