UQWiMAX エリア

UQWiMAX エリア

 UQWiMAXのエリアはとても広い!?

 

WiMAX系のポケットWiFiの大元として知られる「UQWiMAX」。大元の会社という安心感がありますし、CMもたくさんやっているので知名度も高いですよね。ポケットWiFiが欲しいけどどこを選んだらいいかわからないうという場合はUQWiMAXの安心感はとても強みになります。

 

ポケットWiFiの契約を検討するのであれば、いろいろと考えるべき点はたくさんあるのですが、一番に考えてほしいことが「エリア」についてです。エリアとは、電波が届く地域のことで、電波が届かない地域ではWiMAXを持っていても何も意味がありません。

 

ただ、現在UQWiMAXの企業努力により、エリアはとても広くなっており、日本最大と呼ばれるドコモにも負けないくらいになっているのです。

 

エリアは誰にでも簡単に確認できるので、まずはUQWiMAXのエリアを確認してみましょう。

 

 UQWiMAXのエリア確認方法

 

UQWiMAXの公式ページにあるエリア確認用のマップを利用しましょう。「http://www.uqwimax.jp/area/」※当サイトのUQWiMAXのページからも行けます。

 

まずはサービスエリアマップでおおまかに見れば問題ありません。ピンク色になっている範囲がおおよそ使えるエリアになりますので、近所も含めてピンク一色に染まっていれば大丈夫です。

 

その次に、ピンポイント判定でよく使う住所周辺も調べてみましょう。自宅の住所を入力すれば、女の子がプラカードで表現してくれます。

 

  • ピンポイントエリア判定が「〇」だった場合

確実にそのエリアでは快適な通信ができるでしょう。繋がるかどうかの心配はほとんど無用です。ただし、建物の壁が部厚いなどの別の要素による電波が弱くなる可能性もゼロではありません。その場合は部屋の中で位置を変えるなどすると改善します。

 

  • ピンポイントエリア判定が「△」だった場合

基本的には繋がりますが、建物内など状況によっては繋がりにくいケースが考えられます。無料レンタルサービスなどで実際に使って確認することがオススメです。

 

  • ピンポイントエリア判定が「×」だった場合

エリア判定が×だった場合は、そのエリアでWiMAXをフル活用するのは難しいでしょう。LTEが使えたとしても、WiMAX2+が使えなければあまり意味がありません。とはいえまだ望みが完全になくなったわけではないので、公式ページから問い合わせて確認してみるとより確実です。

 

 UQWiMAX以外のプロバイダもエリアは同じ

 

今回は、UQWiMAXのエリアについてお伝えしましたが、WiMAX系であれば、調べる方法、そしてエリアは同じになります。というのも、他のプロバイダも全て大元であるUQWiMAXの回線を使用しているので、エリアに差が出るといったことはありません。

 

ですので、他のプロバイダでWiMAXを検討している人も、UQWiMAXのページで調べておけば安心です。判定が良ければUQWiMAXでそのまま購入してもいいですし、別のプロバイダでも購入できますからね。

 

Broad WiMAX

3WiMAX

GMO WiMAX2+

 

 

Broad WiMAXは、ポケットWiFiの中でも業界月額最安値です。


WEB特典はこちら

 

 

3WiMAXは、お得なコースを選ぶことができるポケットWiFiです。


WEB特典はこちら

 

 

GMO WiMAX2+は、20日以内キャンセルOKです。


WEB特典はこちら