GMOとくとくBB WiMAX2+の解約条件

GMOとくとくBB WiMAX2+の解約条件

 GMOとくとくBB WiMAX2+の解約はとっても簡単

 

ネット回線契約を解約する場合の手続きはかなり面倒です。一般的には、直接電話をして解約をするのですが、多くのネット回線業者は常に電話が込み合っているため、なかなか繋がらず解約時期が遅くなってしまう場合があります。早めに解約出来た方は良いですが、解約処理期日までに解約できないと翌月分の支払いも請求されてしまうので痛いですね。
GMOとくとくBB WiMAX2+の解約条件はかなりシンプルです。更新月になるとマイページに自動で解約ボタンが表示されます。このボタンをクリックして手続きを進めていけば簡単に解約ができるという訳です。
会員サポートページである「BBnavi」にアクセスしたら、「サービス・オプションの削除・解約」をクリックして下さい。そして、ページ下部に解約のボタンがあるので、そちらをクリック。あとは規約にチェックを入れて解約ボタンをクリックするだけです。正常に処理されると契約時の「gmobb.jp」メールアドレスにメールが届きます。
毎月20日が解約処理の期日となるので、その期間内なら取り消すことも可能です。
但し、契約条件によってはこの「解約ボタン」が自動で表示されない場合があります。そのときは書面による解約が必要となるので注意して下さい。書面による解約については以下の条件を含みます。1、月額無料特典の期間中。2、月額割引特典の期間中。3、一定期間継続利用をしないと違約金のかかるプラン。4、契約更新月に書面の提出が必要なキャンペーンで利用している場合です。
もし、契約解除ボタンが表示されない場合、一度お問い合わせフォームからご自身の契約条件を確認した方が良いです。

 

 GMOとくとくBB WiMAX2+の解約後の手続き

 

実はGMOとくとくBB WiMAX2+は解約をした後に一つだけやらなくてはいけないことがあります。それがSIMカードの返却です。他社ではSIMカードの返却は不要ですが、なぜこの様なことをしているのかは分かりませんがそういう規約なので仕方がありません。
SIMカードの返却は解約をした月の翌月までとなります。もし返却をしなかった場合、3000円程請求されてしまうので注意が必要です。ルータの本体は返却義務はありませんので、処分に関しては自由です。処分が面倒ならSIMカードと一緒に送り付けちゃいましょう。会社側で処分してくれます。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+

 

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBB WiMAX2+は、高額キャッシュバックで有名なプロバイダです。
高額なキャッシュバックですが、受取が1年後という点と、受取に申請が必要なために受取漏れも結構あるようです。
また、20日以内であればキャンセルOKというサービスもおこなっていますので、初めての方でも安心できるようなポケットWiFiとなっています。


人気度

特典

月額

35,200円キャッシュバック

3,609円


GMOとくとくBB WiMAX2+公式サイトはこちら

 

Broad WiMAX

3WiMAX

GMO WiMAX2+

 

 

Broad WiMAXは、ポケットWiFiの中でも業界月額最安値です。


WEB特典はこちら

 

 

3WiMAXは、お得なコースを選ぶことができるポケットWiFiです。


WEB特典はこちら

 

 

GMO WiMAX2+は、20日以内キャンセルOKです。


WEB特典はこちら