通信形式WiMAX陣営の最新機種

 通信形式WiMAX陣営のポケットWiFi最新機種はどのようなものか?

 

現在、ポケットWiFiの通信形式はLTE陣営とWiMAX陣営に分かれていますが、主流となりつつあるのがWiMAX陣営です。
WiMAXが多くの人に利用されているのは、LTE陣営を越える高速通信を実現しつつ、低価格を実現したことにあります。さらに、容量制限を撤廃し、さらに3日間による規制は残っているものの、規制後の速度でも平均5Mbpsを維持しているため、規制に気付かないくらい快適にデータ通信を利用できるというメリットがあります。

 

通信形式WiMAX陣営では、さらに高速の通信方法としてWiMAX2+を開発し、現在ではそちらが主流となっています。WiMAX2+では最高通信速度は370Mbpsをマークし、光回線並みの快適なネットサーフィンを外出時でも行うことが可能にしてくれます。

 

WiMAXからWiMAX2+に進化したことに伴い、ポケットWiFiの機種も最新の機種が開発され、その通信環境を最大限に生かせる様になりました。

 

 通信形式WiMAX陣営の最新機種は「W03」

 

WiMAX陣営の最新機種はW03というモバイルルーターとなっています。
その基本性能は次の通りです。

 

W03の主な性能
通信速度(最大):下り 370Mbps 上り 25Mbps
接続時間:9時間30分
重量:127g
通信方式、WiMAX2+に加え、auのLTE網

 

非常に高性能な機種ですが、持ち運び時の利便性も考慮されており、サイズ・重量とも、かばんやポケットに入れていても邪魔にならないので外出時に違和感なく使用することができます。

 

 WiMAX陣営の従来機種は?

 

WiMAX陣営のポケットWiFiサービスでは、最新機種のW03のみでなく、従来機種も引き続き使用することが可能です。余りにも古い機種はすでに在庫がなくなっていますが、1つ前のモデルなどは現在でも十分実用可能。

 

これらの機種は、プロバイダとの契約時に無料で提供される場合が多いですので、最新機種の購入費用が高い場合などには選択肢に入るでしょう。

 

その従来機種としては、「W02」「WX02」などがあります。それぞれ、下り最大速度は220Mbpsをカバーしており、モバイルルーターとしては非常に高性能です。これらの違いとしては、W02はWiMAX2+エリアとauのエリアに対応しますが、WX02はWiMAX2+エリアのみとなっています。その反面、WX02では低消費電力のブルートゥーステザリングが可能になっているので、この辺りが重要な比較要因となると思われます。

 

Broad WiMAX

3WiMAX

GMO WiMAX2+

 

 

Broad WiMAXは、ポケットWiFiの中でも業界月額最安値です。


WEB特典はこちら

 

 

3WiMAXは、お得なコースを選ぶことができるポケットWiFiです。


WEB特典はこちら

 

 

GMO WiMAX2+は、20日以内キャンセルOKです。


WEB特典はこちら