ポケットWiFi WX03とW04を比較

 W04とWX03どちらがオススメなのか

 

2017年に入り、W04が発売されたことによって、WiMAX系ポケットWiFiのツートップはW04とWX03に絞られました。新しさで言えばW04なので、W04が欲しいと考えている人が多いかもしれません。
しかし、それぞれ特徴の違う2機種なので、特徴を理解したうえでどちらが向いているのか決めていきましょう。

 

 メリットの多いWX03が鉄板

 

いきなり結論になりますが、個人的には総合スペックが高いWX03を鉄板に認定します。
WX03を購入するメリットを、W04と比較してあげていきます。

 

  • バッテリーの持ちがいい

W04のバッテリー容量は2750mAh、WX03のバッテリー容量は2,890mAhです。ほんの少ししか変わらないように思えますが、使用時の体感時間で考えると、けっこう差があります。
カタログスペックによるとハイパフォーマンスモードでW04が390分、WX03が440分です。カタログスペックなので実際の時間とは差がありますが、外でも使用できることが利点のポケットWiFiにおいてこの50分の差はけっこう大きいです。

 

  • 起動までの時間の差

電源を入れてから実際に使用できるようになるまでの時間に、30秒くらいの差があります。WX03はなんと10秒足らずで電源が入ります。30秒の差なので電源のオンオフを繰り返さない人にとってはあまり気にならないと思いますが、元々起動が早い機種を使っていた人は、おそっ!という感想を抱くと思います。10秒足らずの起動は他社のポケットWiFiと比べても早いほうです。

 

  • 大きさ、重さの差

W04はWX03よりもちょっと細長い感じで、WX03よりも少しだけ厚みがあります。大きな差ではありませんが、WX03の方がポケットWiFiらしい形をしていますね。重さはWX03の方が30g軽いです。好みの問題ですが個人的にはWX03の方が好きです。

 

  • 拡張アンテナ付きクレードルが使用できる

W04でもWX03でも、クレードルという卓上ルーターになる周辺機器が使用可能です。
安定性が増すので、自宅で使用する場合にはオススメできるのですが、WX03の場合は拡張アンテナ付きのクレードルを使うことができます。
当然アンテナ付きの方が安定性が増すので、自宅使いがメインの方にもWX03に軍配が上がります。

 

 LTEモードを使わないならWX03で決まり

 

上記の理由からWX03の方がオススメできる機種であることは間違いありません。
通信速度に差はありませんが、別の部分での差がけっこうあることがわかってもらえたと思います。
ただし、唯一WX03にないものは、4GLTEです。WiMAXのエリアは年々広がっているので、エリアに関して不安に感じる必要はほぼありませんが、旅行などで山間部に行くことが多い人はW04を選択肢に入れてもいいかもしれませんね。
日常使用であればWX03で決まりです。

 

Broad WiMAX

3WiMAX

GMO WiMAX2+

 

 

Broad WiMAXは、ポケットWiFiの中でも業界月額最安値です。


WEB特典はこちら

 

 

3WiMAXは、お得なコースを選ぶことができるポケットWiFiです。


WEB特典はこちら

 

 

GMO WiMAX2+は、20日以内キャンセルOKです。


WEB特典はこちら