ポケットWiFi WiMAX端末HOME L01

 WiMAXのポケットではないWiFi

 

2017年2月に発売の、「WiMAX端末 Speed Wi-Fi HOME L01」。自宅に据え置くタイプのWiFiルーターで、WiMAX系の端末でありながら持ち運ぶことはできない、ポケットではないWiFiです。要するに、自宅で使うことを前提とした端末ですね。
特徴は、据え置きタイプで最大40台の機器と同時接続できるので、多人数で使えるということです。家族が多い場合や、オフィス、飲食店などでも重宝します。
しかも、最新機種であるポケットWiFi「W04」と同じ440Mbpsという通信速度を実現しています。大人数で使っても快適な通信速度を維持できるというのは大きなメリットですね。

 

 HOME L01の特徴

 

  • 速度と安定性の両立

HOME L01は、自宅やオフィスの一カ所に置いて動かさないことが前提のモデルです。持ち運べるという従来のポケットWiFiの良さを捨てている分、接続数や速度、安定性が重視されています。さらに、超高速モバイル通信を実現する「WiMAX 2+」と、エリアの広い「au 4G LTE」に対応しており、通信エリアや使い方によって切り替えるということが可能です。
有線接続も可能なので、リビングのPCは有線、子供部屋のゲーム機はWiFiで、という使い方もできます。

 

  • デザインがカッコイイ

据え置きのルーターは、正直デザインがダサくてオシャレなリビング等には置けないというデメリットがありましたが、この「HOME L01」はデザインがオシャレでカッコイイです。各プロバイダ各社がスタイリッシュなデザインを売りの一つとして打ち出しているだけのことはありますね。

 

 固定回線の差別化ができないのがHOME L01の欠点!?

 

HOME L01は、常に電源とコンセントに接続しておく必要があり、持ち運べないという欠点があります。ただ、持ち運びたい人はそもそもL01が選択肢に入らず、従来のポケットWiFiを購入するので大きな欠点とは言えないです。

 

他に欠点としてあげられるのは、キャッシュバックの金額がその他の機種に比べて低く、若干割高感があるところです。あとは、タッチパネルによる設定ができないのでポケットWiFiと比べると若干玄人向きかもしれません。

 

そして、一番の欠点としてあげたいのは、固定回線との差別化についてです。動かせず、電源が必要という時点で、固定回線との違いはほぼありません。唯一の違いは工事が不要な部分くらいです。L01は安定性、速度ともに優秀ですが、固定回線と比べるとやはり負けてしまいますので、「それだったら固定回線でいいのでは」という声も聞こえてきそうですね。

 

とはいえ、工事も不要で難しい設定は必要ありません。ですので、みんなでインターネットを利用したい人にとってはオススメできる機種です。

 

Broad WiMAX

3WiMAX

GMO WiMAX2+

 

 

Broad WiMAXは、ポケットWiFiの中でも業界月額最安値です。


WEB特典はこちら

 

 

3WiMAXは、お得なコースを選ぶことができるポケットWiFiです。


WEB特典はこちら

 

 

GMO WiMAX2+は、20日以内キャンセルOKです。


WEB特典はこちら