ポケットWiFi|LTE端末305ZT

ポケットWiFiのLTE端末305ZTは、ワイモバイルで採用されているモバイルルーターのひとつです。清貧コンセプトは「ハイスピード」であり、キャリアアグリゲーションによって通信速度下り最大187.5Mbpsを実現。さらにWiFi規格として5GHz帯を採用したことでも話題を呼びました。

 

 LTE端末305ZTの特徴

 

LTE端末305ZTはZTE社製の製品で2014年10月に発売された機種であり、ワイモバイルのLTE回線を利用した端末としては最も古いものとなります。ですがキャリアアグリゲーション機能や優れたWiFi規格、連続9時間の接続時間など基本的なスペックが高く、現在でも十分に使える機種。入れ替わりの激しいスマホやルーター界隈においては珍しい存在だといえるでしょう。

 

ただ、バッテリーに大型のものを採用した結果、重量は150gと軽量モデルである401HWと比較して倍であり、サイズも一回り以上大きいのでポケットにいれて使うにはやや気になってしまうのは残念な部分かもしれません。

 

対応周波数についてプラチナバンドであるLTEの900MHz、1.7GHz、2.1GHz、に加えAXGPである2.5GHz帯の4G通信と、3G通信の全てに対応しています。3G対応ということもあり、LTEに関しても国際ローミングが可能なのは優れた点ですね。

 

 305ZTをポケットWiFi契約時に購入するための費用

 

古い機種ではありますが、対応周波数の広さとキャリアアグリゲーション機能、大型バッテリーの搭載などで未だに利用者が絶えない305ZTですが、ワイモバイルのWiFi契約を行うことによって無料で手に入れることができます。

 

305ZT以外の機種であれば、機種代金がかかるのですが(ただし同額が割引される)、さすがに最古参ということで本体0円で購入できるようになっています。

 

ただし、気を付けていただきたいのはワイモバイルの契約自体の縛りがきついことです。305ZTを無料で手に入れたいという理由で契約すると、3年間縛りが同時についてきてしまいます。解約代金もびっくりするほど高いので、契約する際には慎重に検討するようにしてくださいね。

 

Broad WiMAX

3WiMAX

GMO WiMAX2+

 

 

Broad WiMAXは、ポケットWiFiの中でも業界月額最安値です。


WEB特典はこちら

 

 

3WiMAXは、お得なコースを選ぶことができるポケットWiFiです。


WEB特典はこちら

 

 

GMO WiMAX2+は、20日以内キャンセルOKです。


WEB特典はこちら